きんちゃん のすべての投稿

債務整理でよくわからない用語解説!理解して手続きをスムーズに進めよう

借金で首が回らなくなってしまった、そうなった時に今後の生活を立て直すために利用できるのが債務整理です。

とはいえ、手続きのためにいろいろと情報を調べていると、飛び交っているのは専門的な用語ばかり、具体的な内容がちっとも頭に入ってきません。

債務整理は法律の知識も必要となることから、大抵の場合は法の専門家に依頼をして話しを進めていくことになります。
だからこそ耳慣れない用語も多いのですが、とはいえ、自分の置かれている状況を正しく知るためにも、わからないものをわからないままにしておくのは得策ではありません。

債務整理に関する基本的な用語解説をしていきますので、まずは最低限の知識を身につけていきましょう。

わからないことはどんどん質問をして大丈夫

最初に、債務整理は無料相談を受け付けていますので、困った状況になったら早い段階で弁護士事務所や自治体の窓口に足を運んでアドバイスをもらうことをおすすめします。

用語を覚えて理解することももちろん大切ですし、事前に情報を調べておくことも必要ですが、わからない言葉が出てくればその都度質問していってかまいません。

親身になって相談に乗ってくれる弁護士であれば、相談者が法の素人であることを前提になるべくわかりやすい言葉で解説を交えながら相談を進めていってくれます。

質問に関しても丁寧な解説をしてもらえますので、ハードルが高そうに感じる債務整理も身近なものに感じられるはずです。

債務整理の種類は大きく分けて3つ

債務整理はその手段によって、いくつかの種類に分かれます。

それが、任意整理、個人再生、自己破産の3つです。
任意整理は裁判所を通さずに債務者、つまり借金をした人と債権者、借入先が示談交渉によって今後の返済方法を決める債務整理の方法です。
大体3年から5年をかけて完済を目指します。

次に、個人再生は裁判所を通して借金に応じて返済額を減額、3年程度かけて返済していく整理方法です。
任意整理よりも大幅に借金を減らすことができて、300万円以上の多額の借金にメリットが大きな手段になります。

自己破産は債務整理の最終手段、裁判所に破産申立てをおこない、認められれば借金の支払い義務がなくなる債務整理です。
安定した収入がなければできない任意整理や個人再生とは異なり、収入0でも行えます。

ただし、最低限の生活は保証されますが、財産を差し押さえられることになるので注意が必要です。

「過払い金」と「過払い金請求」

借金には借り入れサービスの利用料が発生します。

これが金利で、元金、つまり大元の借金にプラスして一緒に返済していかなければなりません。

今の法律ではこの金利に利息制限法で上限が設けられています。
この額以上に多くの金利を支払っているのが過払い金です。

そして、この過払い金は返済を求めることで手元に戻すことができます。
これが過払い金請求です。

現在施行されている利息制限法以前の出資法は今よりも上限金利が高く、古い借金はこの出資法が基準になっていることから過払い金請求の対象になる可能性があります。
これがグレーゾーン金利というもので、貸し出した業者は刑事罰の対象にはなりませんが、債務者が気づかないうちに過払いになっているケースがあるのです。

弁護士に相談をすれば、比較的スムーズに返済されます。

「ブラックリスト」や「信用情報機関」

債務整理をするとブラックリストに載りますが、具体的にこのブラックリストや信用情報機関が一体何なのかわからないというかたも多いでしょう。

信用情報機関というのは、クレジットカードやローンを利用した際にその取り引き情報を管理している機関です。
クレジットカード会社、銀行、消費者金融業者のそれぞれが独立して管理していて、借金の延滞や滞納、債務整理を行うと当然その情報も登録されます。

このマイナスの情報がいわゆる事故情報といわれるもので、以降、借金やローンの申し込みをした際にチェックされ、警戒されて審査が通りにくくなるのです。
これがいわゆるブラックリストに載っている状態で、ブラックリストというのはそういうリストがあるわけではなく、信用情報機関に事故情報があることを指します。

「免責」や「免責不許可事由」

個人再生や自己破産でお世話になる裁判ですが、特に自己破産においては借金0にすることが認められるか認められないかが今後の大きな分かれ道です。

この時に借金の返済を免除されることを免責といい、免責を受けられないことを免責不許可、その理由を免責不許可事由になります。
自己破産をしなければならないほどの大きな借金を作った場合、その理由を問われます。

この時、免責できるかどうかを調査するのが免責調査です。
その理由がギャンブルなど私的なものだった場合や、手続きの際に財産隠しが発覚するなどした場合には自己破産をすることができません。

また、一度免責を受けてから7年経っていないとやはり免責不許可自由になります。

まずはよく耳にする言葉から覚えよう

これらは基本的な債務整理に関する用語で、意味を理解していると必要な情報を収集しやすくなります。
手続きを進める際にも次から次へと専門的な言葉が出ていますが、弁護士との二人三脚ならそう恐れることはありません。
まずは今の借金問題を解消することを優先して、積極的に相談に足を運んでみましょう。

闇金相手でも債務整理は可能!ただし、借入自体をしないのが基本に!

闇金からお金を借り手しまうと債務整理もできないのでしょうか?

司法書士や弁護士経由で債務整理をすることで闇金からの取立てをとめることは可能です。

ただし、闇金相手の債務整理が可能だからと安易に借りてしまうとデメリットが大きくなるため注意が必要です。

従来のイメージからずれるソフト闇金と呼ばれる業者も登場している

闇金からお金を借りたくて借りる人はほとんどいません。
多くの人の場合、借金に困ってどうしようもなくなり闇金を頼るようになります。

注意したいのはただ一言で闇金といってもさまざまな業者があることです。
近年は小額の融資で比較的低金利でお金を貸すソフト闇金という業者も誕生しています。

ただし、ソフト闇金といっても金利が高いのは一緒です。
取立てが比較的厳しくないことや、各種相談に乗ってくれることが特徴ですが基本的に違法な金利などで貸付をしていることは変わりません。

どれだけ小額でも年20%を超える金利で貸付をした場合は違法な業者になります。
最初は小額だからと借りていくうちに返済に困ってしまうこともあるため、まず借りないことが重要なのです。

闇金からお金を借りていても債務整理は可能

闇金から借入をしてしまうと、違法な行為だからと債務整理ができないのではと悩んでしまう人もいます。

しかし、実際には闇金からお金借りても債務整理は可能。
闇金の債務整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所も存在します。

ポイントになるのが闇金は違法な業者であり、警察に捕まれば損をするのは業者だということです。
そのため、弁護士や司法書士経由で連絡を入れるとそれ以降連絡がこなくなるというのは珍しくないのです。

闇金からお金を借りていても債務整理は可能ですが注意点もあります。
まず、弁護士や司法書士に依頼するのに費用負担がかかることです。

これは闇金と手を切るために仕方がないことと割り切るのが重要です。
利息などを支払い続ければ依頼料などよりもお金がかかる可能性が高く、むしろ安上がりな部分があります。

また、闇金と関わった時点で個人情報流出などのリスクもありえるため、弁護士や司法書士のアドバイスをしっかりと聞く必要があります。

闇金からお金を借りる状況にも問題がある

闇金からお金を借りる状況にも問題があるため、お金の使い方の見直しも必須になります。

普段からお金に困っていて闇金からお金を借りなければならない状態であれば、まず債務整理で借金の金額などを減らした方が良いこともあるためです。
闇金だけでなく通常の債務整理で借金を減らし、日常生活を維持可能なものにすることが肝心なのです。

債務整理中に闇金からお金を借りるようになってしまえばますます生活が苦しくなるため、返済計画をしっかり練ることが基本です。
3年から5年で返済していく任意整理や個人再生、自己破産などさまざまな債務整理法が存在します。

自己破産でも最低限のお金や家具は手元に残せるなど救済措置があることはあまり知られていないのもポイントです。
生活用品などは残せるため、支払いが厳しい場合は弁護士などに相談してみるのも方法です。

また、自己破産をして仕事に制限を受けるのは一部の職種で、会社員などの場合はあまり影響なく過ごせることも多いのです。
会社に知られることなく自己破産を行い、そのまま仕事を続ける人もいます。

借金が家族に知られないか心配な場合は任意整理をする方法も

家族に知られたくないからと闇金からお金を借りる人もいますが、むしろ逆効果になることがあるのもポイントです。

闇金は違法な取立てを行うことがあり、職場への訪問や貸金業者にゆるされていない深夜や明け方にかけて連絡をしてくることもあります。
個人情報の流出リスクがあることも考えると家族にバレる可能性はより高くなるのです。

家族に借金を知られたくない場合は、闇金からお金を借りるよりも任意整理で借金を整理してしまうのも方法です。
任意整理の場合は特定のクレジットカード会社などを除いて交渉ができるだけでなく、家族の同意が不要なのがポイントになります。

自己破産などの場合は家族に資産状況を確認し、自己破産の条件を満たしているかチェックする必要があります。
任意整理の場合は家族の同意や裁判所の手続きなしで、弁護士や司法書士が金融機関と交渉することで借金を減らすことができるのです。

最低でも利息のカットができるのが魅力で、リボ払いなどで長期的に返済するのが辛いという人も使いやすくなっています。
ただし、金融事故の情報は残り、新規のクレジットカードの申し込みや借入は最低5年申し込めなくなります。

クレジットカードが使えない間はデビットカードで代用するなど、日常生活が不便にならないように工夫をしながら生活するのがおすすめです。

まとめ

闇金からお金を借りても債務整理をすることは可能ですが、デメリットが大きいためまずは借りないのが重要です。

借りてしまった場合は早めに弁護士や司法書士に相談し、縁を切るようにするとトラブルが起きる確立を減らせます。
職場や家族に迷惑がかかる可能性があるからこそ、早めに相談して手を切った方が常に返済にわずらわされるようなこともなくなるのです。

また、闇金からの借入が必要な状況であれば日ごろの借金の状況などをチェックし、必要であればセットで債務整理をしてしまうのも方法なのです。

借金返済が交換条件

お金を借りることの条件、借金返済することが条件になります。お金を借りる事情があるにしても、それは借りる理由にしかなりませんし、お金を返さなければ、困るのは借りている本人でもあり、貸している方々でもあるのです。これはお金以外のものでも同じことが言えるのではないでしょうか。それがお金になっているだけで、借りたものを返すことに関しては、全く同じことが言えるのではないでしょうか。

また、借金返済のためなら、生活費が少なくなることもやむをえませんし、余計な買い物をしないようにしなければなりません。そうしていけば、お金のやりくりが上手になるわけですし、生活費を減らしたとしても、何不自由なく生活ができるようにもなるはずです。その減らした分でお金を返していけばいいだけであり、完済したら貯蓄ということもできるようになるわけです。お金を借りているのに、生活を変えないということはとても大きな問題だと考えてもいいのではないでしょうか。

そして、借金返済中心の生活が終わった時に、お金を借りる前の生活に戻るのではなく、節制をしたままの生活を送り、大きな買い物や万が一のために貯蓄をしていくことによって、新たにお金を借りる可能性は低くなり、自分の収入だけで生活できて、お金を貯められることで自信につながっていくと思います。確かにお金を借りたことによって、生活が変わってしまったかもしれませんが、決してマイナスにはならないということを理解してもらいたいものです。

借金返済について意識を改めて

お金を借りたことをきっかけにいろんなことに意識を変えていかなければなりません。もちろん、完済するまでの間は借金返済を中心とした生活をしなければなりませんし、完済した後は貯蓄を意識した生活を送っていかなければなりません。

完済した後、貯蓄をしなくてもいいという方もいるかもしれませんが、1度完済したからといって、またお金を貸してあげるという方はそう多くはないという現実があるということも理解しておかなければなりません。

また、お金を借りている時にわかったように、途中病気やケガなどで働けなくなった時のことを考えても、お金を借りていたら借金返済が遅れてしまうことになりますし、お金を借りていなくても貯蓄がなければどうすることもできません。

そう考えますと、何度もお金を借りなければならない状況を作ってはいけないことになります。つまり、お金を返している間に意識を持って、生活費を徹底的に抑える努力をしなければならないということになります。

そして、借金返済、完済したら貯蓄ということを強く意識付けをして、計画に則って、生活費を考え、無駄な出費を抑えて、お金を返したり、お金を貯めたりしていきましょう。

そうすれば、大きな買い物をするときにでも、貯蓄がちゃんとあれば、それを頭金にして、買うことができるのです。

少し大変なことかもしれませんが、やるべきことをやらなければ、いろんな信用が無くなることを認識して、生活を送ってもらいたいです。

お金を貸す理由

お金を貸す側がお金を返してくれるという保障と引き換えに貸しているわけですから、借りた以上は借金返済を中心とした生活が必要になることを先ほど説明いたしました。

返済ができるかどうかで、信用が決まるということです。つまり、お金を返すという保障を維持することができなければ、信用を失うことになり、これからの人生に大きな影を落としてしまうことになるのです。そのようなことにならないように、生活を組み立てていかなければならないのです。

これはお金を借りている方全員に与えられた責任であり、義務なのであります。借金返済のことを考えた生活といっても、苦しいと感じる方もいるかもしれません。生活費をどうやって抑えるかを考えて、生活をしていれば返済に充てるお金は必ず作ることができます。

それができないということは、何かしらの余計な出費を止めることができていないことになります。余計な出費は自分の首を絞めることになってしまいますので、必要最低限のお金、光熱費を抑えることを考えてみてはいかがでしょうか。

そして、借金返済を約束通りに行っていれば、お金を借りるということが悪いという方もいませんし、貸した側も安心することができるわけですから、周りから悪いうわさをされたり、貸した側に催促されたりしないようにするためにも着実にお金を返していかなければならないということです。お金を借りるということはそれだけ厳しいことが待っていることなのです。