返済できない理由は何ですか

お金を借りなければならないのには、よほどの理由があったと思いますが、その中で借金返済のことについて考えてから借りているのかどうかで大きな違いが出てきます。

ただ、気持ちだけで返すことができるのであれば簡単なことかもしれませんが、実際はどうやって返すかを決めて、実行しなければ完済することはできません。

つまり、気持ちだけでは返すことはできないということになります。これを理解していなければ、いくら返すといいましても、信用してもらうことはできません。

また、気持ちだけでは借金返済ができないといいましたが、具体的にどのように借りたお金を返していくかを提示し、計画通りに実行できていないと信用してもらえないからです。

信用というものは、計画を示して、その通りに実行することによって、得られるもので、簡単に信用を得ることはできません。特にお金の信用は実際に言った通りに行わなければ、成立することはないといっても過言ではありません。
いずれにしましても、理由があって融資を受けたとしても、理由があって返すことができない状況は考えられないということになります。も

ちろん、返すことができないという正当な理由はあるわけですが、たいていの方は特別な事情があって借金返済できないということはないことの方が多いと思われますので、融資を受けた以上は返していかなければならないはずです。だからこそ、完済するための計画を立てなければなりませんし、計画を実行することができなければならないのです。