お金の滞りが命取り

滞りとは、借金返済ができていない状態のことを言います。

もちろん、病気やケガで働けない場合は相談をしておけば、少しは猶予してくれますが、通常は毎月決められた日までに返済を行っていなければなりません。

それが滞った結果、返済ができなくなってしまい、一括での返済請求、損害賠償などの法的手続きがされて、自身は返済ができなければ、債務整理を行うことになります。毎月ちゃんと返していれば、そういうことにはならないはずです。

また、お金を借りている以上は返さなければならないと述べましたように、どれだけ理由があっても遅れることは許されないということを認識して、計画に従って着実に借金返済しなければなりませんので、1回でも遅れてしまうことが今後の人生を大きく左右することになるでしょう。

それくらい、お金を借りるより、返す方が重要になるのです。返済ができないから、信用が無くなり、車を買ったり、家を買ったりもできなくなってしまうことになります。

つまり、お金を返せないのであれば、お金を借りてはいけないと思いますし、借りるだけで安心しているという方がいれば、それも違うと思うのです。

借金をしている以上は遅れることなく返済をしなければならないですし、信用は借金返済ができてこそ得られるわけですので、お金が借りられたということではなく、信用があるかどうかを返済能力によって試されていることを認識しておきたいものです。