闇金相手でも債務整理は可能!ただし、借入自体をしないのが基本に!

闇金からお金を借り手しまうと債務整理もできないのでしょうか?

司法書士や弁護士経由で債務整理をすることで闇金からの取立てをとめることは可能です。

ただし、闇金相手の債務整理が可能だからと安易に借りてしまうとデメリットが大きくなるため注意が必要です。

従来のイメージからずれるソフト闇金と呼ばれる業者も登場している

闇金からお金を借りたくて借りる人はほとんどいません。
多くの人の場合、借金に困ってどうしようもなくなり闇金を頼るようになります。

注意したいのはただ一言で闇金といってもさまざまな業者があることです。
近年は小額の融資で比較的低金利でお金を貸すソフト闇金という業者も誕生しています。

ただし、ソフト闇金といっても金利が高いのは一緒です。
取立てが比較的厳しくないことや、各種相談に乗ってくれることが特徴ですが基本的に違法な金利などで貸付をしていることは変わりません。

どれだけ小額でも年20%を超える金利で貸付をした場合は違法な業者になります。
最初は小額だからと借りていくうちに返済に困ってしまうこともあるため、まず借りないことが重要なのです。

闇金からお金を借りていても債務整理は可能

闇金から借入をしてしまうと、違法な行為だからと債務整理ができないのではと悩んでしまう人もいます。

しかし、実際には闇金からお金借りても債務整理は可能。
闇金の債務整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所も存在します。

ポイントになるのが闇金は違法な業者であり、警察に捕まれば損をするのは業者だということです。
そのため、弁護士や司法書士経由で連絡を入れるとそれ以降連絡がこなくなるというのは珍しくないのです。

闇金からお金を借りていても債務整理は可能ですが注意点もあります。
まず、弁護士や司法書士に依頼するのに費用負担がかかることです。

これは闇金と手を切るために仕方がないことと割り切るのが重要です。
利息などを支払い続ければ依頼料などよりもお金がかかる可能性が高く、むしろ安上がりな部分があります。

また、闇金と関わった時点で個人情報流出などのリスクもありえるため、弁護士や司法書士のアドバイスをしっかりと聞く必要があります。

闇金からお金を借りる状況にも問題がある

闇金からお金を借りる状況にも問題があるため、お金の使い方の見直しも必須になります。

普段からお金に困っていて闇金からお金を借りなければならない状態であれば、まず債務整理で借金の金額などを減らした方が良いこともあるためです。
闇金だけでなく通常の債務整理で借金を減らし、日常生活を維持可能なものにすることが肝心なのです。

債務整理中に闇金からお金を借りるようになってしまえばますます生活が苦しくなるため、返済計画をしっかり練ることが基本です。
3年から5年で返済していく任意整理や個人再生、自己破産などさまざまな債務整理法が存在します。

自己破産でも最低限のお金や家具は手元に残せるなど救済措置があることはあまり知られていないのもポイントです。
生活用品などは残せるため、支払いが厳しい場合は弁護士などに相談してみるのも方法です。

また、自己破産をして仕事に制限を受けるのは一部の職種で、会社員などの場合はあまり影響なく過ごせることも多いのです。
会社に知られることなく自己破産を行い、そのまま仕事を続ける人もいます。

借金が家族に知られないか心配な場合は任意整理をする方法も

家族に知られたくないからと闇金からお金を借りる人もいますが、むしろ逆効果になることがあるのもポイントです。

闇金は違法な取立てを行うことがあり、職場への訪問や貸金業者にゆるされていない深夜や明け方にかけて連絡をしてくることもあります。
個人情報の流出リスクがあることも考えると家族にバレる可能性はより高くなるのです。

家族に借金を知られたくない場合は、闇金からお金を借りるよりも任意整理で借金を整理してしまうのも方法です。
任意整理の場合は特定のクレジットカード会社などを除いて交渉ができるだけでなく、家族の同意が不要なのがポイントになります。

自己破産などの場合は家族に資産状況を確認し、自己破産の条件を満たしているかチェックする必要があります。
任意整理の場合は家族の同意や裁判所の手続きなしで、弁護士や司法書士が金融機関と交渉することで借金を減らすことができるのです。

最低でも利息のカットができるのが魅力で、リボ払いなどで長期的に返済するのが辛いという人も使いやすくなっています。
ただし、金融事故の情報は残り、新規のクレジットカードの申し込みや借入は最低5年申し込めなくなります。

クレジットカードが使えない間はデビットカードで代用するなど、日常生活が不便にならないように工夫をしながら生活するのがおすすめです。

まとめ

闇金からお金を借りても債務整理をすることは可能ですが、デメリットが大きいためまずは借りないのが重要です。

借りてしまった場合は早めに弁護士や司法書士に相談し、縁を切るようにするとトラブルが起きる確立を減らせます。
職場や家族に迷惑がかかる可能性があるからこそ、早めに相談して手を切った方が常に返済にわずらわされるようなこともなくなるのです。

また、闇金からの借入が必要な状況であれば日ごろの借金の状況などをチェックし、必要であればセットで債務整理をしてしまうのも方法なのです。